MENU

赤ちゃんでも安心して飲めるRO水

赤ちゃんのいる家庭では、赤ちゃんの口の中に入れるものに関してはかなりナーバスになっている人も多いはずです。赤ちゃんの場合、まだ体が完全に発達しているわけではありません。何かウィルスに感染するなどが起きると大人以上に深刻な症状に至る可能性があります。

 

赤ちゃんを育てている家庭の中には、母乳以外に粉ミルクを使っている所もあるでしょう。粉ミルクを溶かすための水の安全性にこだわっている人もいるはずです。そのような人におすすめの水として、RO水があります。ウォーターサーバーサービスを中心として、このRO水を供給している所も増えてきています。

 

RO水とは、RO膜というものに水を通すことでろ過処理をしている水を差します。RO膜は超微細の穴が無数にあるフィルターのことで、ほぼすべてのウィルスなどの不純物をろ過できます。このためRO水は、水分子だけでほとんどすべて構成されている、限りなく100%純粋に近い水です。余計なものが一切含まれていない水なので、赤ちゃんに与えても健康を害するようなこともありません。

 

水には不純物の他にも、ミネラルも配合されています。ミネラルは私たちの体にとって必要な栄養分ですし、甘みなどの水の独特のうまみを構成しています。しかし赤ちゃんの粉ミルクを作る場合、あまりにミネラル分が多く含まれている水を使うと粉ミルクの成分を壊してしまう恐れがあります。

 

またいわゆる硬水といわれるようなミネラル分の濃度の濃い水を赤ちゃんに飲ませると、下痢を起こしてしまう危険性もあります。まだ赤ちゃんの胃腸はしっかりと発達していないので、ミネラルの消化不足を起こす可能性があるからです。安心してミルクを赤ちゃんに与えたいのであれば、RO水を積極的に利用しましょう。